鑑定を考えられている人へ

筆跡鑑定とは? どんなときに? どこまでやればいいの?

まず、どんな時に筆跡鑑定を行うかですが、

偽造された遺言状や借用書などの案件で、

裁判での証拠書類として筆跡鑑定書を作成する、というのは

誰でも想像がつくことでしょう。

しかし、そのようなことに巻き込まれるのはそうそうあるわけではなく、

筆跡鑑定は、皆さんの生活からかけ離れていると思われている人も

多いのではないでしょうか?

実は違うのです。

 

筆跡鑑定は日常生活に密接にかかわっています

筆跡鑑定は、身近な日常生活での些細なトラブルにだって意外と力を発揮するのです。

例えば、誹謗中傷文書、

脅迫に近い文書によるクレーム、

恋愛関係のもつれから起きる恨みの文書、

また、ご高齢のため自分で現金を引き出したことを忘れてしまい、

払出用紙の文字を他人の字だと思いこんだ例もあります。

また、職場でのトラブルでは、

心ない言葉で身体上の欠点を予定表の黒板に書かれたり、

嫉妬心からありもしない噂を文書で送りつけられたりした例もあります。

このような場合、裁判にまで発展させるつもりはないけれど

場合によっては黙っておけないし一矢報いたい

だけど、筆跡鑑定をしていいものかどうか、

あるいは、筆跡鑑定が役に立つのかどうか、判断できずに迷う方も多いでしょう。

筆跡鑑定書を作るまでもない、だけどはっきりさせたい、どうすればいい?

結果だけを知りたい、一矢報いたいなど、

書き手がわかればいいだけなのであれば、

高いお金を出して鑑定書を作る必要はありません。

事前調査で十分です。

悪意のあるジョーク、文書によるいじめ、

先に触れた高齢者の思い込みからくるトラブルなどは、

近年、増えてきているように感じます。

そんな中で文書でのトラブルに遭遇した際、

はっきりした証拠のないまま、

疑心暗鬼で喧々諤々やりあうよりも、

専門家(つまり、私たち)中に入ったほうが

お互い冷静になることができるので、嫌な思いをしなくて済むことがほとんどです。

多少お金はかかりますが(事前調査料は22,000円)

高いと思うか、値があると思うかは考え方一つです。

どうしても考えが決まらない、わからないときは、お気軽にご相談ください