無理することを努力だと思っていませんか?

無理することと努力する事は違う

無理することと努力することを間違うから人は苦しむのでしょう。

つい最近までその違いを考えたことが無かったせいか、

自分の人生、かなり遠回りをしていたなあと今更ながら思うのです。

こんなことに想いを馳せるのも56になったからなのでしょう。

その割には子どもっぽい趣味ですが・・・

 

大人になり

「他の人に出来るのに自分ができないのは努力が足りないから」と思いこみ

いろんな事に挑戦してきました。

後先考えず、

自分をよく知る事もしないで、

ほんとうにいろいろやってきました。

結果、やりきる事もあり、途中であきらめた事も多々あり・・・

そこから、少しずつ自分のことが分かってきました。

自分の方針と真逆な事は、

がんばってやり続けても結局自分が苦しくなって続きません。

「無理」なこととは自分の心に反していることなのでしょう。

人の行動はその人の考えに基づいています。

人それぞれで考え方もそれぞれなのだから、

やることだって違って当たり前。

競争して伸びていく人もいれば

競争したがためにやる気が失せる人もいます。

つまり、自分と人は考え方も価値観も全く違うのに、

同じものを求めることこそが「無理すること」なのでしょう。

当然、心の中は苦しみが多くストレスでいっぱいになり

余裕がなくなります。

一方

「努力すること」は自分の価値観に近いところでがんばることでしょう。

その場合、つらさはあっても達成するごとに喜びに変わります。

 

自分の価値観とまったく違う場所で努力したとしても、

それは無理以外の何者でもありません。

出来るだけ早く自分の価値観を固め、

自分の方向性を定めることが

自分を見つけ楽に生きる近道になるのだなあと

しみじみ思う今日この頃でした。